営業時間 9:30〜19:00 火曜日定休日
サイト内検索
- 文字サイズ +
メンテナンスしたいCar Life Support

法定12ヶ月点検

法定12カ月点検

12ヶ月毎に行う法令で定められた点検・整備です。

外から見ることのできない部品を取り外したり、
テスターを用いて排気ガスの状態等をチェックするなど、
プロによる確実なメンテナンスを実施します。
点検の結果、整備が必要となった箇所は、
トヨタの確かな技術で整備いたします。

料金表

クラス/代表車種 基本料金
軽自動車/ピクシスシリーズ等 8,100円
コンパクト/タンク・ヴィッツ等 9,720円
ミディアム/C-HR・ヴォクシー等 10,800円
ラージクラス/ヴェルファイア等 12,960円

実施ポイントの紹介

  • 室内

    室内
  • エンジンルーム

    エンジンルーム
  • 下回り

    下回り
  • 外回り・足回り

    外回り・足回り
室内の点検について
ブレーキペダルの遊び[1]

ブレーキペダルの遊び

フットブレーキのペダルをいっぱいまで踏み込み、
床板とのすき間(踏み込んだあとの残り)や
踏みごたえの確認をします。

パーキングブレーキの引きしろ

パーキングブレーキの引きしろ
(踏みしろ)

駐車ブレーキレバーまたは、ペダルを止まる位置までゆっくりと作動させ、
カチカチ音の回数が規定の範囲で止まるか点検します。
電動パーキングブレーキ装着車はエンジンを始動し、
パーキングブレーキスイッチを1秒以上押したときおよび
1秒以上引いたときのブレーキ警告灯(黄色)が点灯していないことを確認します。

ブレーキの効き具合

ブレーキの効き具合

実際にクルマを動かし、効き具合を直接的に点検します。

クラッチペダルの遊び

クラッチペダルの遊び、
切れたときの床板とのすき間(MT車のみ)

ミッション車走行時のシフトチェンジの際に踏み込む「クラッチペダル」。
その遊びや床板とのすき間を点検します。

エンジンルームの点検について
エンジンオイルのもれ

エンジンオイルのもれ

エンジンの潤滑油「エンジンオイル」の漏れがないか点検します。

トランスミッション、トランスファの油量・油もれ

トランスミッション、トランスファの油量・油もれ

エンジンからの動力の伝達、変速を行う「トランスミッション」。
その油量や漏れを確認します。

ファンベルトのゆるみ・損傷

ファンベルトのゆるみ・損傷

エンジンの放熱を冷却させるラジエーターのファンを回す「ファンベルト」。
ファンベルトはゴム製のため、6ヶ月経過のこのタイミングでゆるみや損傷がないか確認します。

パワーステアリングベルトのゆるみ

パワーステアリングベルトのゆるみ

パワーステアリングの油圧ポンプを回すためのベルトが「パワーステアリングベルト」。
このベルトもゴム製のため、張り具合やゆるみを確認します。

ブレーキマスタシリンダの液もれ

ブレーキマスタシリンダの液もれ

ブレーキペダルを見込んだ時に、油圧を発生させ
ブレーキングさせる「マスタシリンダ」。
その液漏れを点検します。

点火プラグの状態、点火時期、ディストリビュータキャップの状態

点火プラグの状態、点火時期、
ディストリビュータキャップの状態

混合気(燃料と空気)を燃焼させ、
エンジンの動力を発生させる「点火プラグ」。 点火プラグの状態や点火時期(タイミング)などの状態を点検します。

バッテリターミナルの接続状態

バッテリターミナルの接続状態

バッテリーには「+」と「-」がありますが、
そこに繋げる「ターミナル」部分n接続状態を点検します。

排気の状態

排気の状態

燃料の不完全燃焼や排ガス中のCO(一酸化炭素)やHC(炭化水素)の濃度など、
クルマ後部のマフラーからの排気状態点検します。 。

エアクリーナーエレメントの状態

エアクリーナーエレメントの状態

エンジンに吸い込まれる空気をろ過するフィルターの働きをする「エアクリーナーエレメント」。
汚れなどの状態を点検します。

冷却水のもれ

冷却水のもれ

熱を持つエンジンを、この冷却水で放熱し
一定の温度を保つ役割を持つ「ラジエーター」。
クーラントとも言われますが、この冷却水の漏れがないか点検します。

下回りの点検について
ブレーキホース、パイプの液もれ、損傷、取付状態

ブレーキホース、パイプの液もれ、損傷、取付状態

油圧式ブレーキの油を通している配管の
取付状態、損傷や漏れを点検します。

ホイールシリンダ、ディスクキャリパの液もれ

ホイールシリンダ、ディスクキャリパの液もれ

マスタシリンダからの油圧を
ブレーキディスクなどに伝える「ホイールシリンダ」と、
回転するディスクにブレーキパッドで挟み込み、
ブレーキの動力を発生させる「ディスクキャリパ」の液漏れを点検します。

エキゾーストパイプ・マフラー・遮熱板のゆるみ・損傷

エキゾーストパイプ・マフラー・遮熱板のゆるみ・損傷

エンジンからの排気(エキゾースト)を通すパイプや
排気音を抑えるマフラーなどに損傷がないか点検します。

外回り・足回りの点検について
ブレーキドラムとライニングのすきま

ブレーキドラムとライニングのすきま

車輪と一緒に回転する「ブレーキドラム」は、
内側から「ライニング(摩擦材)」が張られた
ブレーキシューが押し付けられ、そのエネルギーで制動させる仕組みです。
その「ブレーキドラム」と「ライニング」とのすき間を点検します。

ブレーキシューの摺動部分とライニングの摩耗

ブレーキシューの摺動部分とライニングの摩耗

ブレーキドラム内側に押し付けられる「ブレーキシュー」の摺動部分と
ドラムと接触する「ライニング」の摩耗を点検します。

ブレーキディスクとパッドのすきま、パッドの摩耗

ブレーキディスクとパッドのすきま、パッドの摩耗

車輪と一緒に回転するブレーキディスクを挟み込むカタチで
発生するエネルギーで作動させる仕組みが「ディスクブレーキ」。
その「ブレーキディスク」と「パッド(ブレーキパッド)」との
すき間や摩耗状況を点検します。

タイヤの状態/空気圧・亀裂・溝の深さ等

タイヤの状態/空気圧・亀裂・溝の深さ等

タイヤの摩耗状態や空気圧、亀裂や溝の深さを点検します。

ホイールナット・ボルトのゆるみ

ホイールナット・ボルトのゆるみ

専用の工具(レンチ)など使用し、ホイールナット及びボルトのゆるみを点検します。

プロペラシャフト・ドライブシャフトの連結部のゆるみ

プロペラシャフト・ドライブシャフトの連結部のゆるみ

エンジンからの動力を回転しながら車輪に伝える
「プロペラシャフト」「ドライブシャフト」の連結部分のゆるみがないか点検します。

各店のお問い合わせ先

ショールームオープン 9:30~19:00 サービス受付時間 9:30~17:30

堅田店
077-573-3340
大津店
077-534-3000
草津店
077-566-5081
栗東店
077-553-8200
守山店
077-586-7100
水口店
0748-62-9200
近江八幡店
0748-37-3933
彦根店
0749-25-2626
長浜店
0749-65-2121
栗東マイカーランド
077-553-9258
事故・故障でお困りの際は「JAF」をご利用ください。
JAFロードサービス(全国共通ダイヤル):#8139
  • 営業日カレンダー

    « 2018年11月»
    28293031123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    2526272829301
    • 休日
    • イベント

    営業時間 9:30~19:00
    最終サービス受付時間 17 :30

    > 直近3ヶ月カレンダー

    • 総合お問い合わせ
    • 採用情報
    ページの先頭へ